unfair1.bmp

unfair2.bmp

★今日一番盛り上がった場面はコチラ☆

アンフェア 篠原涼子が語るカテゴリの記事一覧

アンフェア 篠原涼子が語るA

【SALUS living】


アンフェア 篠原涼子が語るA

私は「アンフェア」って、見ている人が雪平夏見になれる作品だと思うんです。最後の最後まで誰が犯人なのかわからない展開なので自分が雪平ならどうするか、、、なんて考えながら答えを導く楽しみ方もできるなって。
だから私から「ここを楽しんでほしい」といった押し付けはしたくないんです。
結末も見る人によって様々な受け取り方ができるようになっているので、一人一人の感性で雪平を感じていただければ嬉しいですね。
結局、全作品を通して「アンフェアなのは誰か?」と考えると、雪平も周りの人たちもみんなアンフェアなイキカタをしていると思うんです。そういうイキカタしかできないのかもしれません。
だけど私は最後まで演じて、雪平は幸せな人生を送ってると感じたし、納得のいく最終章を迎えることができたと思っています。
あとは美央が黒いコートを着て雪平を引き継いでくれると思います(笑)。
2540338691.jpg

【 CAST 】
雪平夏見(ゆきひら なつみ):捜査一課刑事 ― 篠原涼子
/
安藤一之(あんどう かずゆき):捜査一課刑事・死亡 ― 瑛太
小久保祐二(こくぼ ゆうじ):捜査一課管理官 ― 阿部サダヲ
蓮見杏奈(はすみ あんな):元捜査一課情報解析係 ― 濱田マリ
安本正広(やすもと まさひろ):捜査一課刑事 ― 志賀廣太郎

三上薫(みかみ かおる):検視官 ― 加藤雅也
山路哲夫(やまじ てつお):警視庁・特殊犯捜査係 ― 寺島進
佐藤和夫(さとう かずお):フリージャーナリスト ― 香川照之
/
斉木陣(さいき じん):公安部・管理官 ― 江口洋介

アンフェア 篠原涼子が語る@

【SALUS living】
アンフェア 篠原涼子が語る@

母親としての雪平。映画ではそれが前面に描かれています。
最初は私の中でもピンとこなくて、それを出すことで今まで作り上げてきた雪平独自のクールなスタイルが崩れてしまうんじゃないかと不安だったんです。
いつも笑顔で優しい声を出すようないわゆる普通の母親では雪平が雪平でなくなる気がして嫌だったんですね。
なので雪平にふさわしい母親像を考えて演じました。
そうすることでまた新しい雪平の魅力を出せたと思います。

今回もまたたくさんのナゾとスリルが詰まっているストーリーですごく楽しませてもらいました。
私自身「自分以外はすべて敵」という気持ちでのぞみましたから。雪平はドラマでは安藤、スペシャルでは安本さんと、信頼していた人に裏切られ続け、もう誰を信じていいのか、誰を疑うべきなのかが分からなくなってると思うんですよ。
2人を信じていたことは雪平の純粋な部分として私も好きなんですが、今回は娘の美央が危険にさらされてることもあって、誰が敵なのかを考えてる時間も感傷にひたっている時間もない。
敵に囲まれた迷路に一人で入り込んだって感じですね。

〜以下、アンフェア 篠原涼子が語るA に続く 〜
3441197370.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。